鼻にニキビができてしまう原因と対策について

 

鼻にニキビができてしまう原因としてまず挙げられるのは「ホルモンバランスの崩れ」です。
 
ホルモンバランスが崩れると鼻の毛穴がつまり、皮脂か過剰に分泌されてしまうことで鼻にニキビを作り、悪化させてしまいます。
 
2つ目の原因は「外部からの刺激」です。
紫外線など外部からの刺激を受けることで肌が本来持っているバリア機能が低下して、鼻にニキビができやすい状態にしてしまいます。
 
そして、3つ目の原因として「生活習慣の乱れ」が挙げられます。
脂肪分が多い食事や脂っこい食事が続いてしまった場合や睡眠不足の状態が続くと、鼻のニキビを引き起こしやすくします。
 
さらに、4つ目の原因として「メイクをしっかり落ち切れていないこと」が挙げられます。
メイクを落とす時にしっかり落としていないと、凹凸している鼻に残ったメイクが入り、詰まってしまうことで鼻のニキビにつながってしまいます。
 
 

鼻のニキビ予防として取りいれたいこと

 
鼻のニキビを作らせない肌環境を作ることが大切です。
それは、規則正しい生活、そして正しい洗顔方法としっかりとした保湿を行うことが鼻のニキビを引き起こしにくくします。
 
 
自分でできるニキビ対策についてはこちらのサイトが参考になりました。
参考⇒皮膚科に頼らない!本気ではじめるニキビケア